◆クワームプークパンガップチャーング(象との絆)の目的◆

 この団体を立ち上げた目的は団体名のサブタイトルでもある

〜project of elephant's happy life〜

                ずばり「象さん幸せ計画!!」だ。

 象と触れ合っていく中で、私たちには様々な出会いがあった。

 象を家族として愛し生活を共にしていく象使い一家、象にとってできるだけ自然に近い環境を提供しようと象キャンプを立ち上げた人、その象キャンプを必死に支えるマネージャーや象使い、プライドを持って象の健康管理をするお医者さん…
様々な形で象に関わっている人に出会ったが、象に対する気持ちや大事に思う気持ちがそれぞれ象にちゃんと伝わっている気がした。
 また、象が大好きな日本人にも数多く出会うことができて、象を通じてそこでも「絆」が深まった。もちろん、象同士の絆の深さを目の当たりにすることで、人間も一人では生きていけないということ、家族や友人や仲間の大切さを改めて実感するなど、本当に必要なものや失くしてはいけないものを再認識できた。

 一方、タイでは象に関する問題点や課題点が数多くあるのも事実である。

 昔から象と人間は共に生活をしてきた。人間の手で野生の象を飼い象にして共に仕事をしてきたのだ。
そんな象たちが今現在仕事を失いつつある。この現状をほっておきたくはない。私たちに何かできることはないのか?このような現状におかれた象たちを今度は人間である私たちが恩返しするべきではないのか。
 象に対する考え方や愛情は皆それぞれ違うし、何が正しくて何が間違っているということはないはず。

 今まで色々なものをわたしたちに与えてくれた象が、これから先もずっと幸せに暮らせるように何らかのかたちでお手伝いできたらと私たちは考えている。
 決して人間のエゴだけで終わらせることなく、象に幸せを感じてもらえたらとこの団体を立ち上げることになりました。

<今後の活動について>

引き続き、知名度向上と資金集めを目標とする中で、日本やタイでも、タイの象の現状を知ってもらうための活動を考えています。
次に、象と関わっている人たちやボランティア会員の方の意見を取り入れながら、象たちがこれから先もずっと幸せに暮らせるような施設作りや活動をしていく予定です。

ボランティアスタッフの紹介

代表:佐川尚恵/雲津真理子       
      
サポートスタッフ:安藤順子
         元木大輔

佐川と雲津は、けしてボランティアの存在ばかりが目立ってしまうことのない団体を目指しています。
自分たちはあくまで現地の協力者であり愛する象達の支援者である事。現地あっての私達である事、を忘れずに活動していきたいです。
そして、そんな私達と同じ気持ちでいてくれるスタッフに今後も出会える事を願っています。
と言いましても、私達もただの象好きであり、ボランティアに関してはまだまだ未熟な2人です。
これからも沢山の方に出会い学んで行きたいという思いでおりますので、温かく見守って頂けると幸いです。

2012/6ボランティア“クワームプークパンガップチャーング”設立
HPオープン
2013サポートスタッフ増員
2013/3チェンマイの象病院訪問
2013/5タイフェスティバル代々木2013に参加
2014/5タイフェスティバル代々木2014に参加
2014/62周年アニバーサリーを会員様とタイ料理屋にてお祝い
2015/5タイフェスティバル代々木2015に参加
2015/7KIZUNAクリニック建設開始
2015/83周年アニバーサリーで会員様とタイ料理を作ってお祝い
2015/12KIZUNAクリニック完成
ページのトップへ戻る